コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べき論 ベキロン

デジタル大辞泉の解説

べき‐ろん【べき論】

《「べき」は助動詞べし」の連体形》義務を果たすこと、理想を実現しなければならないことなどを強く主張する論調。「そうするべき」「こうあるべき」という言い回しから。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

べき論の関連キーワードレッシング(Gotthold Ephraim Lessing)小松原英太郎三浦 銕太郎為兼卿和歌抄東アジア世界松下大三郎三国志演義ソフィスト大谷幸夫春秋繁露リーマン八雲御抄進化論回勅

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

べき論の関連情報