コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べし ベシ

2件 の用語解説(べしの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

べし[助動]

[助動][べから|べく・べかり|べし|べき・べかる|べけれ|○]活用語の終止形、ラ変型活用語は連体形に付く。
当然の意を表す。…して当然だ。…のはずだ。「地方路線のいくつかはやがて廃止されるべき運命にある」
「行成ならば裏書きあるべし。佐理ならば裏書きあるべからず」〈徒然・二三八〉
適当・妥当の意を表す。…するのが適当だ。…するのがよい。「無責任な放言はすべきではない」
「あひ見ずは悲しきこともなからまし音にぞ人を聞くべかりける」〈古今・恋四〉
可能の意を表す。…できるはずだ。…できるだろう。「今月中に目標に到達すべく努力している」
「わが子どもの、影だに踏むべくもあらぬこそ、口惜しけれ」〈大鏡・道長上〉
(終止形で)勧誘・命令の意を表す。…してはどうか。…せよ。「明日は八時までに出勤すべし
義務の意を表す。…しなければならない。「この件については君が責任をとるべきだ」
「嶺(みね)にてすべきやう教へさせ給ふ」〈竹取
推量・予想の意を表す。…だろう。…しそうだ。
「この人々の深きこころざしは、この海にも劣らざるべし」〈土佐
決意や意志を表す。→べいべからずべくしてべくもないべみべらなり
「我はかくて閉ぢこもりぬべきぞ」〈更級
[補説]語源は「宜(うべ)し」の音変化とする説が有力で、上代から現代に至るまで広く用いられる。当然または必然的にそうなることと推量する意が原義で、そこからいくつかの意味に分化した。なお、現代では、1234の用法は、文語的表現の中で用いられることが多い。また、中世以降「べし」の接続は複雑化し、上一段・下一段・上二段・下二段活用には、イ列音・エ列音に伴うものもみられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

べし

( 助動 ) ( べから ・べく(べかり) ・べし ・べき(べかる) ・べけれ ・○ ) 推量の助動詞。動詞およびそれと同じ活用型の助動詞の終止形に接続する。ただし、ラ行変格活用の動詞、およびそれと同じ活用型の語には連体形に接続する。上代以降広く用いられている語であるが、現代語でも、やや文語的な言い方として、一部の用法がなお行われている。
現代語の場合。未然形「べから」、連用形「べく」、終止形「べし」、連体形「べき」が用いられる。未然形「べから」は打ち消しの助動詞「ず」を伴う用法、連用形「べく」は中止法と直接用言にかかる用法とに限られる。
当然のなりゆき、または、そうなるはずの事柄を述べるのに用いる。 「いま満開のこの桜の花も、やがては散るべき運命にある」 「非行少年の増加は恐るべきことだ」
(「べきだ」「べきである」「べからざる」などの形で)義務づける意味を表す。 「この際、あまり無責任な批判はなすべきではない」 「人権はおかすべからざるものだ」
(終止形「べし」を文末に用いて)命令の意を表す。 「全員ただちに練習を始めるべし」 「報告書は今月末までに必ず提出すべし
可能な動作・作用、あるいは実現の可能性のある事態を述べるのに用いる。 「今年中に完成すべく最善の努力をする」 「現地の実情は想像すべからざる惨状である」
(「べからず」の形で)禁止の意を表す。 「関係者以外立ち入るべからず」 「みだりに路上にたん・つばを吐くべからず
古語の場合。
話し手が確信をもって推量する場合に用いられる。…だろう。きっと…だろう。 「この人々の深き心ざしは、この海にもおとらざるべし/土左」 「人はかたちありさまのすぐれたらんこそあらまほしかるべけれ/徒然 1
当然の意を表す。確信の程度が強められた場合に用いられる。…にちがいない。きっと…するはずだ。…することになっている。 「仏の御徳必ず見たまふべき人にこそあめれ/更級」 「おそれの中に恐るべかりけるは、ただ地震ないなりけり/方丈記」
そうする意志を表す。自分の動作を確信をもって主張する場合に用いられる。…しよう。…するつもりだ。 「ますらをの聡き心も今はなし恋の奴やつこに我あれは死ぬべし/万葉集 2907」 「毎度ただ得失なく、この一矢に定むべしと思へ/徒然 92
適当あるいは勧誘の意を表す。話し手がこうすれば確かによいと判断する場合、また、それを他に誘いかける場合に用いられる。…したほうがよい。 「作文さくもんのにぞ乗るべかりける/大鏡 頼忠」 「はかなくうち語らはん友なりとも、よくその人を選ぶべし/十訓 5
命令する意を表す。勧誘する意がさらに強調された場合である。…しなさい。…してはならない。 「頼朝が首をはねて、わが墓の前に懸くべし/平家 6」 「遠く日月を惜しむべからず/徒然 108
可能の意を表す。当然の意が強調された場合に用いられる。…することができる。 「まことに来世にて逢ふべくは、ただ今死しても行かんとぞ思ふ/平治 下・古活字本」 「竜に乗らずは、渡るべからず/今昔 5」 〔 (1) 上代・中古では、上一段活用の動詞に付く時、連用形に接続することがある。「我がやどの萩咲きにけり散らぬ間にはや来て見べし奈良の里人/万葉集 2287」 (2) 中世後期以降、一段活用・二段活用の動詞にも連用形に接続する例が多くなる。「語をとらば一向に意をかへべし/中華若木詩抄」 (3) 派生語形として「べみ」「べらなり」がある。→べみべらなり

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

べしの関連キーワード有るべかしざるべからずべかしべかなりべかめりべかりけりべらなり争うべからざる弁護士と弁理士

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

べしの関連情報