連体形(読み)レンタイケイ

大辞林 第三版の解説

れんたいけい【連体形】

用言・助動詞の活用形の一。六活用形のうち第四番目に置かれる。「考える人」「白い山」における「考える」「白い」などのように、体言を修飾するときに用いられる形。文語では、係助詞「ぞ」「なむ」「や」「か」を受けて文を終止したり、単独で詠嘆的に文を終止したりするのに用いられ、また、下にくるべき体言が省略された形で体言と同等の資格をもつ用法などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android