連体形(読み)れんたいけい

精選版 日本国語大辞典「連体形」の解説

れんたい‐けい【連体形】

〘名〙 国文法で、活用形の一つ。活用表では第四段におかれる。体言を修飾するときの語形。文語ではその他、係助詞「ぞ・なむ・や・か」を受けて文を終止したり、また、助詞「か・ぞ」などを伴ったりする。「こと・もの・ひと・の」などの意味を含んで体言と同等の格に立つこともある。文語では、四段活用動詞以外の活用語に連体形と終止形との区別があるが、口語では、形容動詞と助動詞の一部を除き、すべて連体形と終止形とは形を一にする。なお、「連体形」の名は、東条義門の「友鏡」「和語説略図」に見られる「連体言」にさかのぼる。
※中等教科明治文典(1904)〈芳賀矢一〉二「第四活用形の『死ぬる』は『死ぬる人』『死ぬる時』の如く体言の上につづく形なれば連体形といふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「連体形」の解説

れんたい‐けい【連体形】

国文法で活用形の一。活用す語の語形変化のうち、体言に連るときの形。一般に連体修飾語て用いられるが、文語では、そのほかに、係助詞なむ」を受けて文を終止したり、助詞」などを伴ったりする。六活用形の第四に置かれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android