連体形(読み)レンタイケイ

大辞林 第三版の解説

れんたいけい【連体形】

用言・助動詞の活用形の一。六活用形のうち第四番目に置かれる。「考える人」「白い山」における「考える」「白い」などのように、体言を修飾するときに用いられる形。文語では、係助詞「ぞ」「なむ」「や」「か」を受けて文を終止したり、単独で詠嘆的に文を終止したりするのに用いられ、また、下にくるべき体言が省略された形で体言と同等の資格をもつ用法などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

れんたい‐けい【連体形】

〘名〙 国文法で、活用形の一つ。活用表では第四段におかれる。体言を修飾するときの語形。文語ではその他、係助詞「ぞ・なむ・や・か」を受けて文を終止したり、また、助詞「か・ぞ」などを伴ったりする。「こと・もの・ひと・の」などの意味を含んで体言と同等の格に立つこともある。文語では、四段活用動詞以外の活用語に連体形と終止形との区別があるが、口語では、形容動詞と助動詞の一部を除き、すべて連体形と終止形とは形を一にする。なお、「連体形」の名は、東条義門の「友鏡」「和語説略図」に見られる「連体言」にさかのぼる。
※中等教科明治文典(1904)〈芳賀矢一〉二「第四活用形の『死る』は『死ぬる人』『死ぬる時』のく体言の上につづく形なれば連体形といふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

連体形の関連情報