コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウエルバッハ神経叢

栄養・生化学辞典の解説

アウエルバッハ神経叢

 筋層間神経叢ともいう.消化管の外縦筋と内輪筋の間にある自律神経線(繊)維網と神経節細胞群の総称.平滑筋の運動を支配して,ぜん(蠕)動を調節する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のアウエルバッハ神経叢の言及

【胃】より

…迷走神経のうち,小彎側に分布するラタルジェ神経枝とよばれるものは,十二指腸潰瘍治療における迷走神経切断術の対象として重要である。 胃壁内には壁在神経叢があって,輪状筋と縦走筋の間に分布するアウエルバッハ神経叢は胃運動に関与しており,粘膜下層に分布するマイスネル神経叢は胃分泌に関与する。いずれも迷走神経刺激により亢進する。…

【十二指腸】より

…この腺は十二指腸の口側2/3あたりまで分布し,腸陰窩に開口している。固有筋層は内側の輪走筋,外側の縦走筋の2層からなり,筋層の間には,筋層間神経叢(アウエルバッハ神経叢Auerbach’s plexus)があって,腸の運動に関与している。 十二指腸の血管系は,大動脈から分かれた腹腔動脈,上腸間膜動脈の枝がループをつくって十二指腸に分布している。…

※「アウエルバッハ神経叢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アウエルバッハ神経叢の関連キーワードホミカエキス食道拡張症巨大結腸症消化小腸

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android