コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アキランサス Alternanthera ficoidea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アキランサス
Alternanthera ficoidea

ヒユ科アルテルナンテラ属の多年草。和名モヨウビユ。園芸的には近縁の別属名のアキランサスと呼ばれる。また,旧属名テランセラの名で流通することもある。細長いへら状の葉が対生し,葉が赤や黄に色づいたり,斑 (ふ) が入る種類が多い。夏から秋にかけての花壇の脇役としてしばしば縁植えなどに使われるが,毛氈状に一面に密植しても,美しい葉色を楽しめる。本来常緑であるが耐寒性はない。 10℃以下になると生育が止り,霜に当るとたちまち枯死する。越冬させたいときは,明るい室内で5℃以上に保つ。直射日光に当てると,葉色はより鮮かになる。春から夏にかけては挿木でふやすことができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アキランサス

アルテルナンセラ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アキランサス
あきらんさす

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアキランサスの言及

【テランセラ】より

…そのほか,アモエナcv.Amoena,ブリリアンティッシマcv.Brilliantissimaなどの品種がある。 モヨウビユは最初に日本に導入されたとき,誤ってイノコズチ属Achylanthesとされ,アキランサスの名が広がり,またツルノゲイトウ属が細分されるとテランセラ属Telantheraに入れられるので,テランセラの名で呼ばれる。しかし最近はアルタナンセラの名で呼ぶことが多い。…

※「アキランサス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android