コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジア鋳造技術史学会

1件 の用語解説(アジア鋳造技術史学会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

アジア鋳造技術史学会

日本の学術研究団体のひとつ。欧文名は「The Society for the History of Asian Casting Technology」。鋳造技術史の解明に取り組む。事務局所在地東京都台東区

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アジア鋳造技術史学会の関連キーワードICSU学術会議学術団体学術用語SCJISIJ日本学術振興会法日本学術会議会長談話広渡清吾未来開拓学術研究推進事業

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アジア鋳造技術史学会の関連情報