アスコルビン酸パルミチン酸エステル

栄養・生化学辞典の解説

アスコルビン酸パルミチン酸エステル

 ビタミンCパルミテートともいう.脂溶性の抗酸化剤として使われる食品添加物.米国ではGRAS物質にされている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android