コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アテネ競技場 アテネきょうぎじょう

世界の観光地名がわかる事典の解説

アテネきょうぎじょう【アテネ競技場】

ギリシアの首都アテネ郊外、アルディトス丘の麓にある、第1回近代オリンピック開かれた競技場。◇「パナティナイコスタジアム」、「カリマルマロ」とも呼ばれる紀元前331年、古代オリンピックのパンアテナ大会のために造られた施設があったが、その後破壊され、小麦畑となっていた。1896年4月6日から4月15日まで開かれた第1回目の夏季オリンピックに向けて古代の原形に近い姿に復元された、白いペンテリコンの大理石の施設が残っている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone