施設(読み)しせつ

精選版 日本国語大辞典「施設」の解説

し‐せつ【施設】

〘名〙
① (━する) こしらえ設けること。
(イ) 計画、策略などを立てること。また、その計画。
※百官群臣に国是を諮詢しへる‐明治二年(1869)四月二〇日「今や乃ち親臨、汝百官群臣を朝会し、大に施設するの方法を諮詢す」
() ある目的のため、建物などの設備をすること。また、その設備。
万国公法(1868)〈西周訳〉二「其施設繕修司令は自己の取捨に従ふことを得」
※東京灰燼記(1923)〈大曲駒村〉一一「罹災民救助に必要なる施設を為すを要す」 〔史記‐呉起伝〕
② 「養護施設」「老人福祉施設」などの

せ‐せつ【施設】

〘名〙 (prajñapti の訳。仮名とも訳する) 仏語。真実の道理からすれば、事物は空(くう)であるが、世俗の慣用にしたがって仮にあるとされること。
※三十四箇事書(1200頃)「理開三身者、爾前迹門所施設

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「施設」の解説

し‐せつ【施設】

[名](スル)
ある目的のために建物などをもうけること。また、その設備。「公共施設
養護施設」「老人福祉施設」などの略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android