コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アトビサリ あとびさり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アトビサリ
あとびさり

節足動物門クモ形綱擬蠍(ぎけつ)目に属する小動物で、カニムシ類の別称。アトシザリともよばれる。落葉下にすみ、ものに驚くとすばやく後じさりする習性があるので名づけられた。[森川国康]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアトビサリの言及

【カニムシ(蟹虫)】より

…蛛形(ちゆけい)綱カニムシ目Pseudoscorpionesに属する節足動物の総称。刺激を与えるとすばやく後退するのでアトシザリ,アトビサリとも呼ばれる。体長1~6mm。…

※「アトビサリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アトビサリの関連キーワードカニムシ(蟹虫)アトシザリ蟹虫

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android