コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アノフェレス 〈ラテン〉Anopheles

百科事典マイペディアの解説

アノフェレス

ハマダラカ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

アノフェレス【Anopheles】

ハエ目カ科アノフェレス属の昆虫の総称。普通ハマダラカと呼ばれ、マラリアを媒介する。 → ハマダラカ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アノフェレス
あのふぇれす

昆虫綱双翅(そうし)目長角亜目カ科のハマダラカの属名Anophelesで、いわゆるマラリアを媒介するカ群である。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアノフェレスの言及

【ハマダラカ】より

…双翅目カ科ハマダラカ亜科Anophelinae約400種,またはその中のハマダラカ属Anopheles約380種の昆虫の総称。後者はアノフェレスとも呼ばれる。多くが翅に斑紋をもつためこの名がある。…

※「アノフェレス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アノフェレスの関連キーワードマラリア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android