翅斑蚊(読み)ハマダラカ

デジタル大辞泉「翅斑蚊」の解説

はまだら‐か【×斑蚊/羽斑蚊】

カ科ハマダラカ亜科の昆虫総称はね斑紋をもつものが多い。腹部鱗片りんぺんがなく、止まるとき尾端を上げる。はばらばらに水面に産卵される。マラリアを媒介するシナハマダラカ・コガタハマダラカが含まれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「翅斑蚊」の解説

翅斑蚊 (ハマダラカ)

学名anopheline mosquito
動物。ハマダラカ属のカの総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android