コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アベスター語 アベスターご

百科事典マイペディアの解説

アベスター語【アベスターご】

古代ペルシア語とともに,イラン語派の最古の文献《アベスター》を表記した言語。インド・ヨーロッパ語族に属する。最古層は前600年以前に属し,インドのベーダ語と著しい一致を示す。
→関連項目インド・イラン語派サンスクリット

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のアベスター語の言及

【イラン語派】より

…(1)古代イラン語として知られているのは,ゾロアスター教の聖典アベスターの言語,およびアケメネス朝ペルシアの楔形文字碑文を記した古代ペルシア語である。アベスター語Avestanは,古代インドのベーダ語と同様,動詞,名詞の活用に古形をよく保っている。方言的には東部の特徴を示すが,特定の地方をその故郷と断定することはできない。…

※「アベスター語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アベスター語の関連キーワード古代ペルシア語バンブニストマッサゲタイアフリマンバルナ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android