コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文献 ブンケン

デジタル大辞泉の解説

ぶん‐けん【文献】

《「献」は賢人の意》
昔の制度・文物を知るよりどころとなる記録や言い伝え。文書。
研究上の参考資料となる文書・書物。「参考文献

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶんけん【文献】

〔「論語八佾」から。「献」は賢の意。文字として伝えられているものと賢人が記憶しているもの、の意〕 昔の制度や文物を知る資料となる記録。
参考となる書物や文書。 「 -検索」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

文献

刊行された印刷物.英語のdocumentは,媒体の如何にかかわらず記録されたもの一般の総称であり,これが「文献」と訳される場合が多いが,日本語の文脈では,個人の手紙や録音物,ビデオ録画までも「文献」と呼ぶことはない.「資料」や「文書」という語と比較した場合,「文献」という用語は,特定のテーマをよく知るための拠り所典拠となるものの総称として使われている.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

文献の関連キーワードヴィクトル・マクシモヴィチ ジルムンスキーウィラモウィッツ=メレンドルフシャタパタ・ブラーフマナ図書館オリエンテーションサーンキヤ・カーリカービブリオグラフィー古代教会スラブ語ジャン マビヨンダルマ・スートラオブソレッセンスライブラリアン古期サクソン語シバ・プラーナ皇朝続文献通考黄帝金匱玉衡経MEDLINE佩文斎書画譜引用文献索引フィロロジーリャザーノフ

文献の関連情報