文献(読み)ぶんけん(英語表記)document; literature

図書館情報学用語辞典 第5版「文献」の解説

文献

刊行された印刷物.英語のdocumentは,媒体の如何にかかわらず記録されたもの一般の総称であり,これが「文献」と訳される場合が多いが,日本語の文脈では,個人の手紙や録音物,ビデオ録画までも「文献」と呼ぶことはない.「資料」や「文書」という語と比較した場合,「文献」という用語は,特定のテーマをよく知るための拠り所典拠となるものの総称として使われている.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

精選版 日本国語大辞典「文献」の解説

ぶん‐けん【文献】

〘名〙
① (「文」は書籍、「献」は賢人の意) 昔の制度文物を知るためのよりどころとなる記録や言い伝え。また、単に文書、制度。
※艸山集(1674)一四・和李梁谿戒酒詩並序「既嫌文字飲、縁何足文献」 〔論語‐八佾〕
② 研究の参考資料となる書物・文書。
※雁(1911‐13)〈森鴎外〉二三「卒業論文には〈略〉東洋の文献を使用しても好い」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「文献」の解説

【文献】ぶんけん

典籍と賢者。制度・文物を検証するもの。〔論語、八〕夏の禮は(われ)能く之れを言ふも、杞(夏の後)はするに足らざるなり。の禮は吾能く之れを言ふも、(殷の後)はするに足らざるなり。獻足らざるのなり。

字通「文」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android