コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマエビ

栄養・生化学辞典の解説

アマエビ

 エビ目エビ亜目コエビ下目トヤマエビ属のエビ.ホッコクアカエビ(Northern shrimp, pink shrimp)[Pandalus eous],トヤマエビ(coon stripe shrimp, humpback shrimp)[Pandalus hypsinotus],ボタンエビ(botan shrimp)[Pandalus nipponensis]などがある.北陸,北海道の日本海沿岸でとれるエビ.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のアマエビの言及

【ホッコクアカエビ(北国赤蝦)】より

…体色は一様に紅赤色で,アカエビ,ナンバンエビ,トンガラシなど多くの地方名がある。近年では各地でアマエビの名が通りがよいが,刺身にしたときに甘みがあるためである。日本海沿岸各地からベーリング海,北大西洋まで広く分布し,水深150~300mの泥底にすむ。…

※「アマエビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android