コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメ横 アメヨコ

デジタル大辞泉の解説

あめ‐よこ【アメ横】

東京都台東区、JR御徒町(おかちまち)駅と上野駅との間の商店街の通称。第二次大戦直後、飴(あめ)屋やアメリカ進駐軍の放出物資・横流し品を扱う店が多かった。アメヤ横丁

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アメ横

アメヤ横丁とも呼ばれる。戦後、現在の一角外地からの引き揚げ者や復員軍人らが、露店を出したのが始まりとされる。名前の由来は2説ある。一つは砂糖が手に入りにくかった当時、「芋あめ」の店が並んだため。もう一つは、米進駐軍から出回ったアメリカ製品を売る店が多かったから。年の瀬人出は1日50万人前後にのぼる。

(2015-11-25 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

アメ横

東京都台東区にある商店街。アメ横センタービルは1982年に完成。正式名称はアメ横商店街連合会。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内のアメ横の言及

【上野】より

…上野駅および東京芸術大学,上野図書館,東京国立博物館,国立西洋美術館,東京文化会館,上野動物園など文化施設の集まる上野公園を核とした上野地区は,すぐ南の御徒町(おかちまち)一帯の商業中心地とともに,高度経済成長期以前は東京の副都心としての地位を保っていたが,最近は新宿,渋谷,池袋より発達が遅れている。第2次世界大戦後の闇市のなごりをとどめ,食料品,雑貨などの卸小売商が集まるアメ屋横丁(アメ横)がある。【正井 泰夫】。…

【やみ市(闇市)】より

…やみ市の商人のうちには団結して資金を集めたり,地方自治体へ働きかけて本格的な店舗を作る者もあった。東京新橋の駅ビルや,上野のアメ屋横丁(通称アメ横)のビルなどがその一例である。【加太 こうじ】。…

※「アメ横」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アメ横の関連キーワード東京都台東区上野東京都台東区台東(区)近藤 広吉アメヤ横町近藤広吉平本亜夢倉持聖菜闇市

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アメ横の関連情報