アリアンス広場(読み)アリアンスヒロバ

デジタル大辞泉の解説

アリアンス‐ひろば【アリアンス広場】

Place d'Alliance》フランス北東部、ロレーヌ地方、ムルト‐エ‐モーゼル県の都市、ナンシーの中心部にある広場。フランス語で「同盟広場」を意味し、ロレーヌ公国とフランスの同盟に由来する。18世紀中頃、ポーランド国王の座を追われて亡命しロレーヌ公となったルイ15世の義父スタニフワス(スタニスラス)=レシチニスキーが、大規模な都市開発を行った際につくった広場の一。同市出身の建築家エマニュエル=エレが設計し、金具工芸師ジャン=ラムールがロココ様式の装飾を手がけた。他の広場とともに、1983年に「ナンシーのスタニスラス広場カリエール広場及びアリアンス広場」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android