コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルゲントラーテ Argentorate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルゲントラーテ
Argentorate

古代ローマの要塞都市。現フランスのストラスブール (シュトラスブルク) 。ケルト語で「銀の砦」の意で,ケルト人の宿営地であったらしい。1世紀以後ローマ軍団がおかれ,城壁が築かれた。3世紀以降蛮族の攻撃にさらされたが,357年副帝であったユリアヌスはこの地で輝かしい勝利を収めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アルゲントラーテの関連キーワードアラエ・フラウィアエ

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android