攻撃(読み)こうげき(英語表記)aggression

翻訳|aggression

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

攻撃
こうげき
aggression

敵意をもった行為で相手に恐れや逃避を生じさせ,多くの場合闘争を惹起すること。また攻撃は自己嫌悪自己批判,自殺などの形で自己に向けられることもある。アメリカ南部の人種対立の研究を行なった心理学者 J.ダラードらによれば,すべての攻撃はフラストレーションに基づくとされ,S.フロイトによれば死の本能の現れとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐げき【攻撃】

[名](スル)
進んで敵を攻め撃つこと。「総勢を挙げて攻撃する」「奇襲攻撃
議論などで、相手を責めなじること。非難すること。「団交で攻撃の的になる」「個人攻撃
スポーツの試合などで、相手を攻めること。「九回裏の攻撃」⇔守備

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうげき【攻撃】

( 名 ) スル
戦争やスポーツの試合などで、相手を攻めること。 ⇔ 守備 「敵軍の背後を-する」
相手を強く非難すること。 「失政を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

攻撃の関連情報