コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレキシン

栄養・生化学辞典の解説

アレキシン

 血清に含まれる熱に不安定な殺菌物質を称した.現在では補体と考えられている.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内のアレキシンの言及

【補体】より

…脊椎動物の正常血清中に存在する物質で,殺菌性物質として見いだされた。アレキシンalexin(防御素の意)とも呼ばれたが,免疫反応に関与することが明らかになるにつれ,抗体の作用を補完するという意味で補体と呼ばれるようになった。
[補体の働き]
 生体内に侵入してきた細菌やウイルスに抗体が反応結合しても,それだけでこの細菌やウイルスが無毒化されることはない。…

※「アレキシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アレキシンの関連キーワードメラニン生合成阻害剤ファイトアレキシン宿主抵抗性誘導剤イポメアマロンエリシターブフナー

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android