コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血清 けっせい serum

翻訳|serum

7件 の用語解説(血清の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

血清
けっせい
serum

血液は血球と血漿から成っているが,採取した血液を容器に入れて放置すると,血球などの有形成分は凝固して血餅となり,液体成分は黄色の上澄みになって分れる。この液体成分を血清という。血清は血漿から血液凝固にかかわる因子である線維素 (フィブリン) などを除いたものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けっ‐せい【血清】

血液が凝固する際に血餅(けっぺい)から分離してできる、透明な淡黄色の液体。血漿(けっしょう)からフィブリノゲンを除いたもの。免疫抗体グロブリンなどを含む。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

血清【けっせい】

血液から血球フィブリノーゲンを取り除いた液体。通常採血した血液を空気中に放置すれば,フィブリノーゲンはフィブリンとなって細胞成分とともに凝固し,血清が滲出(しんしゅつ)して分かれる
→関連項目オーストラリア抗原血液血液型血漿血清療法刺激療法組織培養伝染性単核症伝染病研究所凍結乾燥梅毒血清反応はしか発疹チフス補体ラントシュタイナー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

血清

 血液を静置し凝集させると透明な液が分離してくる.これをいう.血漿からフィブリンを除いた部分にほぼ相当する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けっせい【血清 serum】

ヒトや脊椎動物の血液中の主要液体部分を指す。なお,開放血管系をもつ無脊椎動物のこれに相当するものは血リンパ液といい,血清,血漿などの名称は使わない。
[血清と血漿]
 ヒトや動物の血液を試験管等に採り放置すると,やがて固まり(凝固),フィブリノーゲンが変化してできた網状構造をなすフィブリンに血液成分がとりこまれた血餅(けつぺい)ができる。やがて,これは血小板,組織由来のトロンボステニンの作用を受けて収縮し,上清には透明,こはく色の少し粘稠な液,血清が分離する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けっせい【血清】

血液を容器にとって放置した時、細胞成分と凝固成分が除かれてできる上澄み。淡黄色透明の液体で、免疫抗体や各種の栄養素・老廃物を含む。 → 血漿

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

血清
けっせい

採血した血液は数分後に凝固し、全体が真っ赤な寒天状となる。これを数時間以上放置すると、凝固塊はしだいに強く収縮して小さな塊になり、その周囲に透明な黄色の液が出てくる。これが血清である。血清成分は、血漿(けっしょう)成分のうち、凝固に際して析出したフィブリノーゲンを除いたものと、まったく同じである。したがって、その性状も血漿とほぼ同一である。今日では、血液の生理的な性状をほとんど変えないで、その凝固を防ぐ抗凝固剤(ヘパリンなど)が盛んに用いられるようになったため、時間をかけて血清を求めることは、免疫などに関係した研究にほぼ限られている。血清の外観は病態によって変化することがあり、診断に役だつ。黄疸(おうだん)指数は、血清の黄褐色の色調を調べたものである。[本田良行]
『玉置嘉広・西向弘明著『血清型の知識』(1986・金原出版) ▽鈴木鑑著『血清学免疫学入門』改訂第2版(1992・南山堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の血清の言及

【血液】より

…血球は,それぞれ独立した機能を有し,生命現象に欠かせない働きをしている。血球
[血漿と血清]
 血液から血球を除いた液体部分を血漿blood plasmaといい,全量は体重のほぼ5%(体重70kgのヒトで3500ml)を占めている。アルブミンやグロブリンなどのタンパク質,ブドウ糖,中性脂肪やコレステロールなどの脂質のほかに,ナトリウム,カリウムなどの電解質,ホルモン,ビタミンを含む特殊な体液である。…

【血漿】より

…抗凝固剤なしに採血し放置すると凝血塊(血餅)から黄色の液体が分離してくる。この液体が血清とよばれるもので,フィブリノーゲンその他の凝固因子の大部分が失われている点が血漿と異なる。血漿は循環する細胞外液であり,間質液とほぼ同じ組成で塩化ナトリウムを主体とする各種電解質,ブドウ糖,脂質,アミノ酸,ホルモンその他多くの物質を含んでいる。…

※「血清」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

血清の関連キーワード血液血色素血リンパ原索動物静脈体液触覚器官端脳平衡石微胞子虫目

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

血清の関連情報