アレクサンドリア版聖書手写本(読み)アレクサンドリアばんせいしょしゅしゃほん(英語表記)Codex Alexandrinus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクサンドリア版聖書手写本
アレクサンドリアばんせいしょしゅしゃほん
Codex Alexandrinus

5世紀頃アレクサンドリアで書かれた大文字ギリシア語聖書写本。旧約新約とをほぼ完全に含む。略号Aで示される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android