コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンチオコス6世 アンチオコスろくせいAntiochos VI Epiphanēs Dionysos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンチオコス6世
アンチオコスろくせい
Antiochos VI Epiphanēs Dionysos

[生]前148頃
[没]前138
セレウコス朝シリアの王 (在位前 145~142) 。アレクサンドロス・バラスの子で,バラスの将軍トリュフォンに擁立されたが,同将軍の命により殺害された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アンチオコス6世の関連キーワード判形財団債権口頭弁論通貨偽造罪マシニッサ知事マケドニア戦争青森県の要覧トムソン広島県の要覧

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android