アレクサンドロス

精選版 日本国語大辞典「アレクサンドロス」の解説

アレクサンドロス

(Aleksandros) マケドニア王。フィリッポス二世の子。少年時代アリストテレスの教えを受け、二〇歳で王となる。ギリシア諸都市を平定した後ペルシア遠征し、ダレイオス(ダリウス)王のペルシア軍を破ってインダス河畔にまで軍を進め、空前の大帝国を築く。征服地の諸所に都市を建設し、東西の文化、民族の融合をはかってヘレニズム文化の基礎をつくった。アレキサンダー大王。(前三五六‐前三二三

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「アレクサンドロス」の解説

アレクサンドロス(Alexandros)

[前356~前323]マケドニア王。在位前336~前323年。フィリッポス2世の子。ギリシャ連合軍を率いて東方に遠征、ペルシアを滅ぼし、エジプトおよび西アジアからインド西部にまたがる大帝国を築いた。征服地の諸所にギリシャ風都市を建設し、東西文化の融合を図り、ヘレニズム文化の基礎を作った。バビロン病死アレキサンダー大王。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「アレクサンドロス」の解説

アレクサンドロス【Alexandros】

250ころ‐328
アレクサンドリア主教(312‐328)。319年ころキリストの真の神性を危うくするアリウスの教えに接し,321年ころアレクサンドリアの主教会議でアリウスを破門に処した。しかしアリウス主義はエジプトのみならず東方全域に拡大し,この問題の解決のために325年にニカエアで開かれた第1回公会議(ニカエア公会議)では,助祭(のち主教)アタナシオスの助力を得て,アリウスを異端として追放することに成功した。【森安 達也】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android