アンチ・ヒューマニズム(読み)アンチヒューマニズム(英語表記)anti-humanism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンチ・ヒューマニズム
アンチヒューマニズム
anti-humanism

感性的・身体的内容を捨象することによる「自我」が世界を構成するといった超越論的なデカルト思想は,以後カント,ヘーゲルフッサールを経て西洋近代文化形成の指導原理として確立するが,これは基本的には人間中心主義という意味におけるヒューマニズムであった。これに対し,ハイデッガーはアンチ・ヒューマニズムを主張して,近代的思考様式を根底から疑問視した。のちに登場する構造主義やポスト構造主義はこれを継承して人間中心主義を克服,さらには古代ギリシア以来の形而上学的思考様式を根底からゆるがすことになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android