コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシガキニイニイ

百科事典マイペディアの解説

イシガキニイニイ

半翅(はんし)目セミ科の1種で日本固有種。体長20mm内外。石垣島のごく限られた地域だけに生息し,個体数もごく少ない。絶滅危惧IA類(環境省第4次レッドリスト)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のイシガキニイニイの言及

【ニイニイゼミ】より

…宮古島にはやや大きいミヤコニイニイP.miyakonaが分布し,石垣島と西表(いりおもて)島には,さらに扁平で前胸側板の著しいヤエヤマニイニイP.yayeyamanaが知られている。また,石垣島の一部には,1974年に発見されたイシガキニイニイP.albivannataが知られる。後翅の黒色部に白斑のある点で他種から区別される。…

※「イシガキニイニイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android