コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタチアナグマ いたちあなぐま

1件 の用語解説(イタチアナグマの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イタチアナグマ
いたちあなぐま
ferret badger

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イタチ科イタチアナグマ属に含まれる動物の総称。この属Melogaleの仲間は東南アジアの草原や明るい森林に生息。3種に分けられエバレットイタチアナグマM. everettiはボルネオ島に、イタチアナグマM. moschataはインド北東部から中国南部、さらにインドシナにかけてとジャワ島、ボルネオ島に、ビルマイタチアナグマM. personataはネパールからインドシナにかけてとジャワ島に分布する。体長35センチメートル前後、尾長15~23センチメートルで、体毛は黒っぽいが、顔は白か黄色、背中にも白ないし赤みを帯びた条がある。昼は巣穴に隠れ、夜行性。雑食で、木登りもする。5、6月に1~3子を産む。飼育されることはほとんどないが、家屋内の害虫やネズミを駆除してくれるので、歓迎する地域もある。[朝日 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイタチアナグマの言及

【アナグマ(穴熊)】より

…かつては実用と道楽を兼ねて,巣穴を掘ったり,イヌに追わせたりして,アナグマ捕りが行われた。 アナグマと呼ばれる動物には,ほかに中国,インド,アッサムなどにすむブタバナアナグマArctonyx collaris,北アメリカのアメリカアナグマTaxidea taxus,ネパール,アッサム,ミャンマーなどにすむ3種からなるイタチアナグマMelogaleなどがある。これらはいずれもアナグマに近縁で,アナグマ同様頭部に顕著な斑紋をもつ。…

※「イタチアナグマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イタチアナグマの関連情報