ウォッシュバーンの式(英語表記)Washburn's formula

法則の辞典の解説

ウォッシュバーンの式【Washburn's formula】

炭化水素の質量スペクトル分析において,アイソトポマーに基づく多同位体ピークを単同位体ピークに換算するための式.炭化水素混合物の分析などに有用である.求めるCnHr のピーク MrM/e=12nr)は,実験で得られるCnHr の多同位体ピーク Pr から次のようにして計算できる.ここで c は炭素の同位体存在比(13C/12C=0.0104/0.9896),h は水素の同位体存在比(2D/1H=0.00015/0.99985)である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android