ウォッシュバーンの式(英語表記)Washburn's formula

法則の辞典の解説

ウォッシュバーンの式【Washburn's formula】

炭化水素の質量スペクトル分析において,アイソトポマーに基づく多同位体ピークを単同位体ピークに換算するための式.炭化水素混合物の分析などに有用である.求めるCnHr のピーク MrM/e=12nr)は,実験で得られるCnHr の多同位体ピーク Pr から次のようにして計算できる.ここで c は炭素の同位体存在比(13C/12C=0.0104/0.9896),h は水素の同位体存在比(2D/1H=0.00015/0.99985)である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android