コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォールハンドボール wall handball

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォールハンドボール
wall handball

球技の一種。手で壁にボールを打ちつけて得点を競う。 10世紀頃からアイルランドで始まり,19世紀からアメリカ合衆国やヨーロッパ諸国で行なわれるようになった。かつては単にハンドボールといわれていたが,オリンピック競技大会で行なわれている7人制のチームハンドボール (ハンドボール ) が盛んになったため,ウォールハンドボール,あるいは発祥地の名を冠したアイリッシュハンドボールの名で区別されるようになった。ペロタ,ファイブス,ハイアライなどは同系統とされる。布製または革製のグローブをはめた手で,交互に柔らかいゴム製のボールを壁に当てて得点を競う。相手が打ち跳ね返ってきたところをワンバウンドまたはノーバウンドで打ち返し,どちらかがボールを返せなかったときにプレー終了となる。 21点制で2ゲーム先取。サーブ側がラリーに勝つと得点が認められ,レシーブ側が勝つとサーブ権が移る。シングルスとダブルスがある。当初は壁は1面だけだったが,やがて4面,3面のコートも使うようになり,壁の数によってワンウォールハンドボール,スリーウォールハンドボール,フォアウォールハンドボールなどと区別する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のウォールハンドボールの言及

【ハンドボール】より

…日本ではかつて〈送球〉とも呼ばれた。このほか,ボールを壁に打ち返すウォールハンドボールがあり,これはアメリカ,カナダで愛好されている。そのため前者をチームハンドボールと称して区別している。…

※「ウォールハンドボール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウォールハンドボールの関連キーワードラケットボールファイブズ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android