球技(読み)きゅうぎ

日本大百科全書(ニッポニカ)「球技」の解説

球技
きゅうぎ

ボールを使って行うゲーム。投げる、打つ、つかむといった人類の本能に根ざしたスポーツである。古代ギリシアでも技をスファイリセイスと称し広く奨励されていた。床に弾ませて落下してくるボールを競い取るウーラニアや、現代のラグビーに近いと思われるハルパストンなど多くの種類があった。

 現代の球技は、各種の器具を使ってボールを扱うものと、そうでないスポーツにいちおう分類できよう。ホッケー、アイスホッケー、ゴルフ、ポロ、クリケット、野球などは棒(スティック、バット)を使い、テニス、スカッシュ、バドミントンなどはラケットを、ラクロスやハイアライなどはそれぞれ独自の器具を用いる。器具を使わないでボールを扱う球技では、おもに手でボールを扱うハンドボールバレーボールバスケットボール、水球が、また、足でおもに扱うサッカーなどもあるが、併用するものも多く、分類はむずかしい。

[石井恒男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「球技」の解説

球技
きゅうぎ
ball games

ボールを用いるスポーツ競技総称。野球,テニス,ラグビー,アメリカンフットボール,サッカー,バレーボール,バスケットボール,ハンドボールなど。中世ヨーロッパに簡単なボールゲームが生れ,民衆の打球戯やジュ・ド・ポーム (テニスの原型) のような貴族的球技も行われた。 16世紀にはフランスのスール,イタリアのカルチョ,イギリスのフットボールなどが現れ,18世紀の近代スポーツの成立とそれ以後の発展とともに,さまざまなゲームが育っていった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「球技」の解説

きゅう‐ぎ キウ‥【球技】

〘名〙 ボールを使って行なう競技の総称。野球、テニス、ラグビー、サッカー、バレーボール、バスケットボール、ハンドボール、ゴルフ、卓球、ホッケーなど。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android