コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウシサワラ うしさわら

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウシサワラ
うしさわら / 牛鰆
Chinese mackerel
[学]Scomberomorus sinensis

硬骨魚綱スズキ目サバ科に属する海水魚。南日本から南シナ海に分布するサワラの仲間で、沖合い性種。[沖山宗雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のウシサワラの言及

【サワラ】より

…英名はSpanish mackerelなどといわれ,マグロに近い美味な魚とされる。日本近海にはサワラScomberomorus niphonius(イラスト),ヨコシマサワラS.commerson,ウシサワラS.sinensisの3種がいる。このうちサワラがもっとも分布が広く,北は北海道南部から南はオーストラリアまで分布し,日本近海ではもっともポピュラーな種類である。…

※「ウシサワラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウシサワラの関連キーワードサワラ(海水魚)沖鰆

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android