仲間(読み)ナカマ

デジタル大辞泉「仲間」の解説

なか‐ま【仲間】

一緒に物事をする間柄。また、その人。「趣味を同じにする仲間に加わる」「飲み仲間
地位・職業などの同じ人々。「文士の仲間
同じ種類のもの。同類。「オオカミは犬の仲間だ」
近世、商工業者の同業組合。官許を得たものを株仲間といった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「仲間」の解説

なかま【仲間】

歴史的には,江戸時代における商工業者が互いの利益を守るために結成した同業組合のことをいう。その中で幕府や公許を得ていたものは〈株仲間〉と呼ばれた。この仲間メンバーの人数は限定されていたので,それへの加入権は株として譲渡・売買された。仲間は規約・役員を定め,寄合をもち,公儀への金品上納や人的奉仕と引換えに,営業上の保護と独占特権が与えられた。また生産や価格の相互規制を行うとともに,いっしょに行楽参詣に出かけるなど,今日の同業者団体と変わらぬことを実施している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の仲間の言及

【株仲間】より

…江戸時代の商人,手工業者たちによる特権的な結合組織。幕府や諸藩が流通統制や警察的取締りを行うため,あるいは領主層の御用を果たさせるためなどの目的で,上から株仲間を設定する〈御免株〉と,下からの願によって株仲間を認可する〈願株〉とがある。
[成立]
 願株の成立以前に,都市においては各種商人,手工業者の私的な仲間が結成されていた。…

※「仲間」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android