コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エギュイユ・ベルト[峰] Aiguille Verte

世界大百科事典 第2版の解説

エギュイユ・ベルト[峰]【Aiguille Verte】

フランス・アルプス,モンブラン山群中の岩峰のひとつ。北側をアルジャンティエール氷河,南側をメール・ド・グラス氷河の支流タレーフル氷河ではさまれた岩峰の連続する稜線の最高峰。標高4122m。1865年E.ウィンパーらによって初登頂された。シャモニーの上流8kmのアルジャンティエール(標高1252m)からロープウェーで,エギュイユ・デ・グランモンテ(標高3297m)までいけば,眼前にすることができる。【米倉 伸之】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android