エギュイユ・ベルト[峰](英語表記)Aiguille Verte

世界大百科事典 第2版の解説

エギュイユ・ベルト[峰]【Aiguille Verte】

フランス・アルプス,モンブラン山群中の岩峰のひとつ。北側をアルジャンティエール氷河,南側をメール・ド・グラス氷河の支流タレーフル氷河ではさまれた岩峰の連続する稜線の最高峰。標高4122m。1865年E.ウィンパーらによって初登頂された。シャモニーの上流8kmのアルジャンティエール(標高1252m)からロープウェーで,エギュイユ・デ・グランモンテ(標高3297m)までいけば,眼前にすることができる。【米倉 伸之】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android