稜線(読み)リョウセン

  • ×稜線

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 山などの背にあたる、峰から峰へつづく線。尾根。山の背。
※初年兵江木の死(1920)〈細田民樹〉二「雨上りの蒼い空と日に輝いた赭土の丘とが青々とした秋草の稜線に浮き上って見えた」
※自然の子供(1968)〈金井美恵子〉一二「天井の平面と壁面が直角に交わる稜線を縁どって一列のライトが並び」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android