最高峰(読み)さいこうほう

精選版 日本国語大辞典「最高峰」の解説

さい‐こうほう ‥カウホウ【最高峰】

〘名〙
① いちばん高い峰。群山の中で最も高い峰。
※日本風景論(1894)〈志賀重昂〉六「台湾の最高峰玉山は宛如我が富士山に形似するを以て『台湾富士』と転名し」
② 一つの分野の中で最もすぐれた人や物。
※政治小説を論ず(1898)〈後藤宙外〉再び政治小説を論ず「蓋し事件・趣味を主とするものは、〈〉詩の品等より云へば、決して最高峰に立ち得べきものにはあらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「最高峰」の解説

さいこう‐ほう〔サイカウ‐〕【最高峰】

連山の中でいちばん高いみね。「アルプスの最高峰
ある一群の中でいちばんすぐれているもの。「源氏物語は平安文学の最高峰だ」
[類語](1山岳高山小山山山山並み連山連峰山脈山塊山系山地・山岳地帯・名山秀峰高峰高嶺大山巨峰主峰霊山霊峰/(2巨峰

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android