コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エピタフィオス epitaphios

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エピタフィオス
epitaphios

古代ギリシア,アテネで,戦死者のための国葬の際に,その高い徳性のゆえに選ばれた市民によって行われた葬送演説ペロポネソス戦争開戦第1年目のあとのペリクレスの行なった演説は特に有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のエピタフィオスの言及

【ビザンティン美術】より

…中期には制作の中心はコンスタンティノープルに移り,宗教的なものが多い。後期の染織品のうち特色のあるものはエピタフィオスepitaphiosである。これは聖金曜日の儀式に用いられる布で,キリストの死をあらわした豪華な刺繡でオフリトとテッサロニキに保存されているもの(13~14世紀)が有名である。…

※「エピタフィオス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android