コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルブンドク油田 エルブンドクゆでんEl Bunduq oil field

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルブンドク油田
エルブンドクゆでん
El Bunduq oil field

アラブ首長国連邦カタール国境海域に位置する油田。日本の合同石油開発とブリティシュ・ペトロリアム(→BP)が共同開発した。確認埋蔵量約 6000万バーレル(1バーレルは約 159l)。1965年ブリティシュ・ペトロリアムとフランセーズ・デ・ペトロール合弁会社であるアブダビ・マリン・エアリア ADMAが発見したが,二つの国にまたがっているため 1969年の国境協定成立まで開発することができなかった。ADMAは別会社ブンドクを設立して開発を進めることになり,1970年12月に合同石油がこれに参加した。1975年11月生産開始,1977年には 1日 2万バーレルを生産した。原油の性状は API度 40度,硫黄分 1.0重量%。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android