コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原油 げんゆcrude oil

翻訳|crude oil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原油
げんゆ
crude oil

地下から汲上げられたままの未加工の石油。各種炭化水素を主体に硫黄窒素,酸素の化合物などをそれぞれ少量含んだ粘着性のある黒褐色赤褐色の液体で,地質時代に海底に堆積した有機物が変化したものといわれている。稼行するに足る原油を生産する地域を油田,原油を連続して貯留する地層を油層という。組成や性質はきわめて多種多様で,油田によって,あるいは同じ油田でも油層によって異なる。組成によって分類すると,パラフィン系炭化水素を多量に含むパラフィン基原油,ナフテン系炭化水素を多量に含むナフテン基原油 (アスファルト基原油) ,これらの中間的な性状の混合基原油,芳香系炭化水素を多量に含む特殊原油などがある。また比重による軽質原油 (比重 0.830未満) ,中質原油 (比重 0.830~0.904) ,重質原油 (比重 0.904~0.966) ,特重質原油 (比重 0.966以上) の分類方法や利用目的などを意識しながら関心成分が多く含まれているかどうかを区分して,たとえば低硫黄原油と高硫黄原油といった分け方をすることもある。発電用の原油生だき以外は,そのままでは利用できず,常圧蒸留,減圧蒸留,クラッキング,脱硫などさまざまな精製の工程を経て各種の石油製品に誘導する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げん‐ゆ【原油】

油井(ゆせい)から採掘されたままの精製していない石油。通常は黒色の悪臭ある液体。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

原油【げんゆ】

地下から油井(ゆせい)により採取されたままの未加工の鉱油。赤褐〜黒色の水より軽い液体で,蛍光(けいこう)や臭気を伴う。各種の液状炭化水素を主成分とし,固形およびガス状の炭化水素を溶解,微量の硫黄,酸素,窒素などの各化合物や,採油の際混入する水,塩水,泥などの不純物を含有する。
→関連項目石油産業

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げんゆ【原油 crude oil】

油井から採取されたままの天然の石油をいう。原油は一般に黒褐色の粘い液体である。主成分は炭化水素であるが,そのほかに硫黄,窒素,酸素などの有機化合物や金属分,泥水分なども含む。原油を精製すれば,ガソリン,灯油,軽油重油などの燃料油や,潤滑油,アスファルト,ワックス(パラフィン)などの石油製品を生産することができる。日本では秋田県,新潟県などで原油が産出されるが,その生産量は年間90万klにも満たず,ほとんどを中東諸国などの海外からの輸入に依存している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

げんゆ【原油】

地中から産出されたままの石油。赤褐色ないし黒褐色の粘度の高い油状物質で、液状炭化水素を主成分とし、少量の硫黄、窒素、酸素化合物などさまざまな物質が溶存している混合物。分留・熱分解などの方法で処理することにより、各種の石油製品や石油化学工業の原料が得られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原油
げんゆ
crude oil

地下から産出した状態のままの未精製の石油。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の原油の言及

【石油】より

…油井から生産されたままの,液状炭化水素を主成分とし,微量の硫黄,窒素,酸素,金属などを含む天然化合物を原油といい,炭化水素系天然ガスとともに石油と総称される。各種燃料油,潤滑油,アスファルトなどの石油製品も広義には石油のなかに含まれる。…

※「原油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

原油の関連キーワードウエストテキサスインターミディエートロンドン国際石油取引所バイバック・オイルGG原油・DD原油エクィティ・オイルアラビアン・ライト原油バーター取引ハイサルファ原油アラビアンライトローサルファ原油逆オイルショックコスト回収原油新日本石油基地ケツ(頁)岩油石油先物市場シェール革命スポット取引ブレント油田ブレント原油オイルサンド

原油の関連情報