コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エントロピー増大の原理 えんとろぴーぞうだいのげんり

デジタル大辞泉の解説

エントロピーぞうだい‐の‐げんり【エントロピー増大の原理】

熱力学の法則

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエントロピー増大の原理の言及

【エントロピー】より

…すなわち一つの孤立系においては,その系のエントロピーの総和は,その系内に可逆過程が生じても不変に保たれ,不可逆過程が生じた場合には増加し,どんな場合でも減少することはないということを示しているのである。これが孤立系に対するエントロピー増大の原理である。自然界に起こる過程は,摩擦,熱伝導など不可逆過程が多く,したがって自然界(宇宙)を孤立系とみなせばエントロピーの総和はその極大値に向かって増加していることになる。…

【熱力学の法則】より

…エントロピーは内部エネルギーと同様に状態量,すなわち物体の一つの定まった熱平衡状態で定まった値をとる量である。このエントロピーという量を使うと,第2法則は,外界から孤立した物体の系で生ずる変化では系全体のエントロピーは必ず増大するというエントロピー増大の原理として表される。熱平衡状態にある物体に外部の熱源から微小な熱量⊿Qを与えたとき,その物体のエントロピーSは,⊿S=⊿Q/Tだけ変化する。…

【不可逆変化】より

… 不可逆変化を特徴づける重要な概念としてエントロピーがある。すなわち,孤立系(断熱的な系)では,エントロピーの変化がなければ可逆変化であり,不可逆変化ならば必ずエントロピーは増大する(エントロピー増大の原理)。つまりエントロピーとは状態量であるから,二つの状態AとBの間にエントロピーの差, ⊿SSBSA>0があるとき,断熱的にAからBに移る過程は,必ず不可逆変化である。…

※「エントロピー増大の原理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エントロピー増大の原理の関連キーワード熱力学第二法則エントロピー断熱変化熱力学H定理断熱系法則

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android