オイラー‐マクローリンの公式(英語表記)Euler-McLaughlin equation

法則の辞典の解説

オイラー‐マクローリンの公式【Euler-McLaughlin equation】

関数 fx)が区間(aanh)において(n+1)個の点で値 y0y1,…,yn をもつとき,次の式が成立する.

ここで y0r) と ynr) は点 aanh における r 回微分値であり,Br+1) は(r+1)次のベルヌーイ数である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android