コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オゴウェ[川] オゴウェ

2件 の用語解説(オゴウェ[川]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

オゴウェ[川]【オゴウェ】

コンゴ共和国北部から北・西流してガボン中部を貫流,ポール・ジャンティル付近で大西洋に注ぐ川。全長1200km。
→関連項目ブラザ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オゴウェ[川]【Ogooué River】

アフリカ中部,ガボンを貫流して大西洋に注ぐ川。長さ約1200km。流域面積は約22万3000km2で,ガボン全土の大部分を含む。河口より約200km上流のランバレネまでは常時航行可能で,木材搬出などに利用される。運ばれた木材は河口近くの港町ポール・ジャンティルから輸出される。ピエール・サボルニャン・ド・ブラザの探検隊が,1875‐83年に全流路を航行し,水源をつきとめた。【編集部】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone