コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貫流 カンリュウ

3件 の用語解説(貫流の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かん‐りゅう〔クワンリウ〕【貫流】

[名](スル)川などが貫いて流れること。「平野の中央を貫流する川」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かんりゅう【貫流】

( 名 ) スル
ある地域をつらぬいて流れること。 「関東平野を-する」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貫流
かんりゅう

近世尾張(おわり)藩で行われた槍術(そうじゅつ)の一流派、伊東流管槍(くだやり)の分かれ。流祖は尾張藩士津田権之丞信之(ごんのじょうのぶゆき)(1655―98)。尾張貫流、津田流ともいう。信之は馬廻役(うままわりやく)津田太郎左衛門の次子で、幼時より武術を好み、初め槍を伊東流虎尾孫兵衛三安(みつやす)の門人轟勘兵衛(とどろきかんべえ)に学び、勘兵衛の尾張退去後は佐分利吉兵衛忠村(さぶりきちべえただむら)に従い、1670年(寛文10)16歳で免許を得た。その後も工夫鍛練を続け、ついに横手長短すべて一貫の理を自得し、管(くだ)に活機の妙のあることを悟り、新しく一流を立てて貫流と称した。92年(元禄5)38歳のとき槍奉行(ぶぎょう)に進み、300石を領した。98年7月没、44歳。その子権之丞親信(ちかのぶ)のとき、藩主徳川吉通(よしみち)の指南役となり、藩中に広く行われたが、みだりに他藩の士に教えることを禁じたので「御留(おとめ)流」とも称され、宗家歴代権之丞もこれをよく守り、幕末に及んだ。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の貫流の言及

【槍術】より

…江戸時代になると,槍は武士のもつ武具として,またたしなむべき武術として非常に重要な位置を占めるようになり,腰の二刀とともに武士階級を象徴するようになった。流派も数多く出現するが,素槍では,大内無辺の無辺流,竹内藤一郎の竹内流,中山源兵衛吉成の風伝流など,鎌槍では,奈良宝蔵院の僧胤栄の宝蔵院流(これは高田派,中村派,礒野派などに分派する),鍵槍では,内海六郎右衛門重次の内海流,佐分利猪之助重隆の佐分利流,管槍は,伊東紀伊守祐忠の伊東流,小笠原内記貞春の日本覚天流,津田権之丞信之の貫流などがおもな流派である。江戸時代初期にほぼ完成をみた槍術は,中期から後期にかけて技や理論もくふう研究され,とくに練習法の進歩はめざましく,双方が防具を着けて仕合稽古を行うようになった。…

※「貫流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

貫流の関連キーワード曲流分流貫通順流流れ渡り発源回流側撃和して流せず沖出し

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

貫流の関連情報