コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オサン式(鉱物化学) Osann's formula

法則の辞典の解説

オサン式【Osann's formula】

岩石の化学成分中の重要な成分として,SiO2,TiO2,Al2O3,FeO (+Fe2O3),MgO,CaO,Na2O,K2O などの各分子比(モル比)を算出して合計を100となるように換算してから,次のような値を求める

S=SiO2+(TiO2+ZrO2+P2O5

A=Na2O+K2O

C=Al2O3A

F=FeO+MgO+CaO-C

これらの9種の値をもって岩石の化学的性質を代表させたものをオサン式という.この中で a は酸性斜長石またはカリ長石の量に相当し,c は灰長石の量,f は有色鉱物の量にほぼ相当する尺度となる.k が1より大ならば遊離ケイ酸分の存在が示される.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

オサン式(鉱物化学)の関連キーワード有色鉱物

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android