コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰長石 かいちょうせきanorthite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

灰長石
かいちょうせき
anorthite

斜長石のカルシウム端成分。 CaAl2Si2O8 。組成範囲は Ab10An90~Ab0An100 (Abは曹長石,Anは灰長石) のもの。塩基性火成岩の主要造岩鉱物。比重 2.74~2.76,硬度6~6.5。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かいちょうせき【灰長石】

斜長石の一種で、カルシウムに富む鉱物。無色ないし白色で、ガラス光沢を有す。三斜晶系に属する。火成岩や変成岩に見られる。アノーサイト。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

灰長石
かいちょうせき
anorthite

斜長石を6種に細分したときの1種で、もっともカルシウム分に富む鉱物。単純な結晶面からなる短柱状結晶をなすことが多い。石英と共存しないのが普通である。玄武岩の斑晶(はんしょう)、あるいは玄武岩質マグマ中に生成されていた結晶が火山爆発によって噴出され、火山灰や火山礫(れき)とともに堆積(たいせき)する例がある。これらの産状に属する東京都三宅(みやけ)島、北海道倶多楽(くったら)湖周辺の灰長石巨晶は世界的に有名である。ほかに、斜方輝石斑糲(はんれい)岩中に、また、石灰岩、苦灰岩あるいはケイ酸分に乏しくカルシウム分に富んだ岩石が比較的高温の変成作用を受けた岩石中にも産する。名称は、この鉱物が三斜晶系であり、まっすぐでないという意味のギリシア語から由来し、和名は化学組成による。[松原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の灰長石の言及

【アノーサイト】より

…鉱物の一種。灰長石ともいう。斜長石は固溶体を形成するが,アノーサイトはこのうちのCa端成分をいう。…

【斜長石】より

…組成範囲によって次のような名が与えられている。Ab100An0~Ab90An10=アルバイトalbite(曹長石),Ab90An10~Ab70An30=オリゴクレースoligoclase(灰曹長石),Ab70An30~Ab50An50=アンデシンandesine(中性長石),Ab50An50~Ab30An70=ラブラドライトlabradorite(曹灰長石),Ab30An70~Ab10An90=バイトウナイトbytownite(亜灰長石),Ab10An90~Ab0An100=アノーサイトanorthite(灰長石)。斜長石は,火成岩をはじめ変成岩,堆積岩に広く産する。…

※「灰長石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

灰長石の関連キーワード亜灰長石(データノート)斜長石(データノート)アンデシラボラドライト灰長石(データノート)カルシクレース玄武岩カルシクレース閃長岩アノーシティサイトセバスティアン岩キッシュティム岩セマイトヴァイトルージュモント岩斑レイ(糲)岩バルゾヴァイト灰長石閃緑片岩フィアスコネ岩プグリアン岩ユークライト灰長石安山岩灰長石凝灰岩アリヴァル岩