コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有色鉱物 ゆうしょくこうぶつ

大辞林 第三版の解説

ゆうしょくこうぶつ【有色鉱物】

火成岩を構成する主な鉱物のうち、橄欖かんらん石・輝石・角閃かくせん石・黒雲母など、鉄とマグネシウムを多く含み濃い色をしている苦鉄質鉱物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

岩石学辞典の解説

有色鉱物

肉眼および薄片暗色に見える鉱物.大部分はFeおよびMgを主成分に含むマフィック鉱物とほぼ同様である.一般に石英,長石類,準長石類などは有色鉱物以外の鉱物であるが,白雲母(muscovite)や燐灰石(apatite)などの扱いには検討が必要である.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

有色鉱物の関連キーワードリパライト質デーサイトカルクアルカリ閃長岩深成岩鉱物組成領域斑レイ岩(斑糲岩)カルクアルカリ岩パイテルラティ岩ラパキヴィ閃長岩閃長岩アプライトセルブスベルク岩輝緑岩アプライト花コウ(崗)斑岩セン(閃)長岩斑レイ(糲)岩ビッグウッド岩ノルドマルク岩花コウ(崗)岩アルカリ閃長岩ナポレオン岩オージャイトマグネシウム

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android