尺度(英語表記)scale

翻訳|scale

デジタル大辞泉の解説

しゃく‐ど【尺度】

物の長さを測る道具。ものさし。
長さ。寸法。「尺度を測る」
計量の標準。また、判断・評価などの基準。「合否判定の尺度を決める」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃくど【尺度】

物の長さをはかる道具。ものさし。
長さ。寸法。
物事の評価をしたり、判断を下すための規準・標準。 「適不適を決める-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尺度
しゃくど

物の長さを計るため、約束によりまたは制度として定められた単位、またはそれで目盛られた物差しのこと。長さは人間が最初に計ることを始めた量で、最初は手幅、肘(ひじ)の長さ、指幅、両手を広げた長さ、足の長さ、歩幅などで直接計られたが、やがてこれらが棒や板に移され、もとの身体の部分の大きさは単位となった。この発展の過程は、近代的制度の単位の名に、たとえばフートfoot(足)などが残っているのをみてもわかる。やがて国家が形成されると、これらの尺度を統一し、しかも変化しないように標準を定める必要がおこり、こうして尺度は制度として定められる。メートル法は国際的な統一のために設けられたものである。尺度はまた物事の評価の基準の意味においても用いられる。
 広い意味の尺度には、次の種類があり、通常の測定における重要な役割を果たしている。
(1)比(例)尺度:数値の差および比、すなわち加減乗除の演算に意味をもつ尺度。たとえば長さ、質量など。
(2)間隔尺度:数値の差のみに意味をもつ尺度。たとえばカレンダーの日付、セルシウス温度など。
(3)順序尺度:数値の大小関係のみに意味をもつ尺度。たとえばレースの着順、モース硬度など。
(4)名義尺度:単なる区別のために用いる尺度。順序もなく、加減の演算もできない。たとえば背番号、電話番号など。[小泉袈裟勝・今井秀孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃく‐ど【尺度】

〘名〙
① 長さをはかる器具。矩尺(かねじゃく)、鯨尺、曲尺(まがりがね)、巻き尺、メートル尺などがある。ものさし。また、計量の標準。
※童子問(1707)下「二書猶権衡尺度乎」
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉五「家光は聰明果断の主にして〈略〉鋳銭の事、尺度権衡の事、亦た此時に定まれり」 〔宋書‐律志〕
② 物の寸法や長さ。また、その度合。
※作戦要務令(1939)一「或は梯尺に依ることなく距離及尺度の如きは数字を以て注記するに止むる」
③ 転じて、物事の評価、判断を行なう際の規準。めやす。
※邪宗門(1909)〈北原白秋〉例言「強ひて自己の感覚を尺度として他を律するは謬なるべし」

せき‐ど【尺度】

〘名〙 (「せき」は「尺」の漢音) =しゃくど(尺度)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尺度の関連情報