尺度(英語表記)scale

翻訳|scale

デジタル大辞泉の解説

しゃく‐ど【尺度】

物の長さを測る道具。ものさし。
長さ。寸法。「尺度を測る」
計量の標準。また、判断・評価などの基準。「合否判定の尺度を決める」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃくど【尺度】

物の長さをはかる道具。ものさし。
長さ。寸法。
物事の評価をしたり、判断を下すための規準・標準。 「適不適を決める-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尺度
しゃくど

物の長さを計るため、約束によりまたは制度として定められた単位、またはそれで目盛られた物差しのこと。長さは人間が最初に計ることを始めた量で、最初は手幅、肘(ひじ)の長さ、指幅、両手を広げた長さ、足の長さ、歩幅などで直接計られたが、やがてこれらが棒や板に移され、もとの身体の部分の大きさは単位となった。この発展の過程は、近代的制度の単位の名に、たとえばフートfoot(足)などが残っているのをみてもわかる。やがて国家が形成されると、これらの尺度を統一し、しかも変化しないように標準を定める必要がおこり、こうして尺度は制度として定められる。メートル法は国際的な統一のために設けられたものである。尺度はまた物事の評価の基準の意味においても用いられる。
 広い意味の尺度には、次の種類があり、通常の測定における重要な役割を果たしている。
(1)比(例)尺度:数値の差および比、すなわち加減乗除の演算に意味をもつ尺度。たとえば長さ、質量など。
(2)間隔尺度:数値の差のみに意味をもつ尺度。たとえばカレンダーの日付、セルシウス温度など。
(3)順序尺度:数値の大小関係のみに意味をもつ尺度。たとえばレースの着順、モース硬度など。
(4)名義尺度:単なる区別のために用いる尺度。順序もなく、加減の演算もできない。たとえば背番号、電話番号など。[小泉袈裟勝・今井秀孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尺度の関連情報