コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オナタス Onatas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オナタス
Onatas

ギリシア後期アルカイック期の彫刻家アイギナの人。カラミスの師。前 490~460年頃オリュンピア,デルフォイ,アテネなどで制作活動を行なっていたと推定される。彼の名を刻んだ彫刻台座 (アテネ国立考古学博物館) が発見されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オナタスの関連キーワードポセイドン[アルテミシオン]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android