コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイギナ あいぎな

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイギナ
あいぎな
Aiginaギリシア語

古代ギリシアのドーリス人のポリス(都市国家)。アテネの南、サロニカ湾に同名(現代ギリシア語でアイーナA- yina)の小島と町があり、遺跡が残る。紀元前7世紀後半にギリシア本土で最初の貨幣を発行し、前6世紀の中ごろにはエジプトのナウクラティスに貿易拠点を設け、商業ポリスとして発展した。ペルシア戦争の際にはヘラス連合の一員として戦ったが、前6世紀以来アテネとの間にしばしば紛争を生じ、おそらく前457/6年ついに屈服してデロス同盟に加盟させられた。ペロポネソス戦争の勃発(ぼっぱつ)した前431年に住民はアテネの手で島から追放されたが、前405年スパルタの力で復帰した。前4世紀以後次々に周辺の国々や同盟の支配を受け、前133年以降ペルガモン領からローマ領になった。[清永昭次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アイギナの関連キーワードクレオメネス[1世]クレオメネス(1世)ミュルミドン人レオチュキデスシシュフォスエイスフォラエピダウロスデマラトスアイアコスコッカレルエギナ島エイナ島ペレウスオナタスドーリステラモンメダル

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android