コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オープン・アーキテクチャー オープン アーキテクチャー

1件 の用語解説(オープン・アーキテクチャーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

オープン・アーキテクチャー

特定の企業や団体が開発したハードウェアソフトウェアの仕様を一般に公開して、誰でもその仕様に準じた製品を作れるようにすること。オープン・アーキテクチャーは、1社だけが開発、販売する場合に比べて市場が拡大し、結果的には製品の価格も安くなるので、企業とユーザーの双方にメリットがある。例としては、1984年に米IBM社が開発したパーソナルコンピューターの「PC/AT」は、内部アーキテクチャーが公開されており、多くのメーカーからPC/AT互換機呼ばれるパソコンや対応する周辺機器が作られている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オープン・アーキテクチャーの関連キーワードIHVステータスハードウェアサードパーティー集中度業界団体官許広告塔エコアクション21

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オープン・アーキテクチャーの関連情報