コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オープン・アーキテクチャー オープン アーキテクチャー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

オープン・アーキテクチャー

特定の企業や団体が開発したハードウェアソフトウェアの仕様を一般に公開して、誰でもその仕様に準じた製品を作れるようにすること。オープン・アーキテクチャーは、1社だけが開発、販売する場合に比べて市場が拡大し、結果的には製品の価格も安くなるので、企業とユーザーの双方にメリットがある。例としては、1984年に米IBM社が開発したパーソナルコンピューターの「PC/AT」は、内部アーキテクチャーが公開されており、多くのメーカーからPC/AT互換機呼ばれるパソコンや対応する周辺機器が作られている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

オープン・アーキテクチャーの関連情報