コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カザシグサ

1件 の用語解説(カザシグサの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

カザシグサ

からだは小さいが,一つ一つの細胞は大きく,関節の一節が1つの細胞からなり,骨のような節の膨らんだ細長い形をしている。細胞は規則正しくほぼ同じ長さ で,分枝は叉状分枝が数回おこなわれ,扇状に広がる。1ヶ所から何個体も発出しているので,岩上や他の海藻上でかたまりとなっているのが観察される。生体 の色はオレンジかかった紅色〜暗紅色。押し葉標本は台紙に付着するが,淡水につけると,とたんに色が抜けはじめ,からだが崩れるので注意。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カザシグサの関連キーワード一一間期個物事項小花一つ一つ娘細胞さのう小赤血球細胞特性の法則